説明⑤ 騎乗生物とNPCでの買い物

騎乗生物の説明をします。

移動速度に関してですが、歩行速度を1とすると、走る行為は2、騎乗生物で走る速度は4(ぐらい?)になります。

かなり移動が楽になります。戦闘行為も騎乗状態で可能です。

では、UOにログインします。

そして購入しに行く前に設定しておいた方が良い事をしておきます。

 

ボタン

左から9番目の『行動』アイコンを(左)クリック。

行動のメニューを出します。

馬購入  0

枠内上部の矢印をポチポチ押して『ペット』の項目を出し、その中の『@オールフォローミー』をドラックしてホットバーにドロップしておきます。

では馬を買いに。 お金を持っていない場合は銀行にお金を下ろしに行って下さい。

ヘイブン町2

New Haven(ニューヘイブン)の町の地図です。

南の端にある 馬のひづめのマークが ペットの宿舎and馬等の購入場所です。

オレンジで囲っている松明のマークのお店では、NPCが果物などを売っています。

馬に与える為に『りんご』等の果物を最低一つは買っておきます。

ではペット宿舎に。

d

こんな人が居ます。表記は 『NPCの個人名・職業』です。

このアニマルトレーナを左クリックするとメニューが出ます。

そして『買う』をクリック。

馬購入10

デカイ購入選択画面が出ます。

このうち、騎乗できる生物は、『a horse(馬)』だけです。価格は状況によって変動します。

※『a Pack horse(Llama)』等の『a Pack』が付いている動物は、1600ストーンの荷物を持ってくれて移動できるペットです。使いようによっては強力な物なので覚えておくと良いかもです。使っても良いですが、結構すぐ死にます。

『a horse(馬)』を購入する為に、名前の横の『+』ボタンをクリックすると右の空白の『購入予定』に移動します。

購入する場合はそのまま右下の『承諾』ボタンをクリックで購入できます。

※ちなみに上の画像だと下部に表示されている合計額の部分を見ると所持金が無くて購入出来ませんが購入したとして説明を続けます。

承諾ボタンを押して購入が完了すると、自分の近くに馬が現れます。

この馬は自分の馬なのですが、放っておくと購入したキャラを無視して、勝手にどこかに歩いて行きます。

そこで、最初に『行動』アイコンからホットバーにドロップした『@オールフォローミー』をクリックします。

すると泣き声を発し、自分のすぐ横まで近づいて来ます。 ※稀に拒否られますが、その場合は餌をやって再度実行してください。

ここで重要な事を。

ペットに餌をやってください。果物(or野菜)です。『りんご』とかです。

餌の与え方は、たとえば『りんご』ならば、自分のバックパックからドラックし、馬に重ねた状態でドロップすると餌を与えたという文字が出ます。

今はペット表記であり、戦闘中に馬が死亡した場合はそのまま死んでしまいますが、最初にペットに餌をやった後、1週間以上経過した後にもう一度餌をやると『ペット』表記が『親愛化』表記になり戦闘で死んでしまった場合でも、ペット宿舎でお金を払って蘇生する事が出来るようになります。便利です。

蘇生する為には、ペットが死亡した後、10分程の待ち時間が発生します?が、再度購入するよりは安上がりだと思います。

他、騎乗生物に常時騎乗している場合はそんなに気にする事も無いかもしれませんが、一日一回ぐらいは馬から降り、餌をやっておいた方が良いかも知れません。一度に1個で十分です。

餌を与えない状態がある一定の期間を過ぎると、ペットの機嫌が悪くなり、最悪野生化するかもしれません。

なった経験は無いですが。

ペットに騎乗するには、ペットの真横に立った状態でペットを左Wクリックすると馬に騎乗出来ます。 降りる時は、自分自身or自分のHPバーをWクリックで降りる事ができます。

 

宿屋に戻りログアウトする場合は、いちいち宿舎に預ける必要は無く、騎乗した状態のまま宿屋の部屋に入ってログアウト出来ます。次回ログインした時には騎乗した状態で再開できます。

どうしても。気分的に。宿屋の部屋にペットに乗ったまま入りたくない人は、ペット宿舎に預ける事も出来ます。が、ペット宿舎は自分の泊まる宿屋と違って、有料です。

 

K

K SAKURAシャードの一般市民

投稿者プロフィール

平和でマイペースな人
※当HPの右上『ブログ更新情報』は、個人で作成されているブログページに更新があると表示されますので、そちらもよろしければどうぞ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

バナナ喫茶チャット

サーバダウン時や気分転換したい時などにご利用ください
入室する】 
ページ上部へ戻る