説明⑥ スキルの簡易説明

戦闘方法や騎乗生物等、説明をさせて頂いて来ましたが、

今から説明する『スキル』はUOの根幹だと思ってます。

UOは レベル制ではなく、スキル制です。

では、流れの続き的に最低限の説明とさせて頂きます。

スキルは、あなたの行動に対応するスキルが上昇判定を経て、上昇成功となれば上昇していきます。

では、自分のスキルを見てみましょう

ボタン

左から2番目の『スキル』をクリックしてください。

スキル2

スキルの表が表示されます。結構大きいので戦闘中とかではない時に確認した方が良いでしょう。

今までの行動でスキルが変動(上昇)していると思います。

スキルの枠内の上部のタブを順にクリックして、数値が変動しているスキルを確認してみてください。

スキル3

『戦闘』タブの例

アナトミー(解剖学)、フォーカス(集中)、パリー(受け流し)、ソード(剣術)、タクティクス(戦術)等

この数値がある項目のアイコンを右クリックして『カスタムに追加』とクリックしてください。その時点では何の変化もありません。

全てを確認し『カスタムに追加』をして一番右端の『カスタム』タブをクリックすると

スキル5

先ほど『カスタムに追加』を選択した項目がここにコピーされています。

間違って入れてしまったりした場合は、このタブ内でアイコンをクリックすると『カスタムから削除』が出ますので消す事が出来ます。

自分が使っているスキルをここに入れる事には意味があります。

現在のスキルの数値を見る為に、その都度この画面を開くと、大き過ぎて画面が見にくい事になります。ですから、『カスタム』タブに移動したスキル項目だけ常時見えるようにします。

下の方にある『スキルを表示』をワンクリックしてみてください。

スキル表示

画面内のどこかにこの表?が表示されます。カスタムに移動した項目だけ表示されます。※最大12項目です。

移動には右上の赤で囲った『緑色の渦マーク』をドラッグする事で好きな場所に移動できます。

この表は基本リアルタイムで数値が変動しますので、確認にはうってつけです。

スキル項目の下部、点線の下にある数値(アベレージ。画像では 580.1)は、スキルの合計の上限までこの数値分まだ上げれるという表示です。

スキル5

あと、スキルの表で右下に『使用スキルポイント:131/720』と表記されていますが、分子が現在の全てのスキルの合計値/分母がスキルの合計の上限値です。

スキル合計値が720になっていますが、700の場合も有ります。そのあたりは個人の状況により変わるかもしれません。

他、今は触る必要はない(トライアル中はそこまで行かない確率の方が高い)と思いますが、もしスキル合計値が上限(画像では720)に達したのに、ソード(剣術)スキルはまだ100になっていない。となった場合は、それ以上合計値は上がりませんので、不必要な他のスキルを減らして必要なスキルを上げるしかありません。

その時に使用するのが、上の画像の赤く囲った矢印マークです。画像では上向きの矢印になっています。

パリィ(受け流し)スキルは上向きの矢印で、このスキルは上昇判定が成功した場合スキルが上昇しても良いという事になっています。変更するには、この矢印をクリックしてください。

※一度クリックすると矢印が下を向きます。そしてもう一度クリックすると鍵のマークになります。もう一度クリックすると上向きの矢印に戻ります。(ローテーションします。)

矢印を下に向けているスキルは、スキル合計が上限値で別のスキルが上向きの矢印に設定してあり、そのスキルの上昇判定が成功した場合、矢印を下に向けているスキルが上昇したスキルの数値分下がります。

いらないスキルは下向きに。という事です。 ただ最初はどんな行動でどんなスキルが上昇するのか知る為に必要が無いなら下向きにする必要は無いと思います。

この矢印の向きはスキル一つ一つ個別に設定できます。

上向きは、上昇判定が成功した場合スキルの数値が上がる。

下向きは、上に書いた通り。スキル合計値が最大値の場合で他のスキルが上がった場合 下がります。

鍵マークは、他のスキルの増減は無視して一向に変動しなくなります。

※画像の左下の『全てのスキルをロックする』を選択してしまうと、全てのスキルが文字通りロックしてしまい、スキルが全く増減しなくなります。だから押さないでください。もし間違って押してしまった場合は、残念ながら手動でスキルの矢印の向きを変更する必要があります。

スキルの最大合計数値は変わりません。※アクセサリー等によるスキルブーストは除く。

※この矢印の設定の仕方は、PDから開けるステータス画面のSTR・DEX・INTでも同じように設定できます。

 

使っているスキルの簡易説明

●剣術スキル = 数値が上がれば物理攻撃は当たり、敵からの物理攻撃を回避しやすくなる。 使用武器のプロパティーに『剣術』と表記されている武器使用時のみ効果あり。『棍術』・『槍術』用の武器の使用には効果は無い。

●解剖学スキル = 攻撃に対するダメージアップ効果。他

●戦術スキル = 攻撃に対するダメージアップ効果。他

●受け流し = 敵の物理攻撃に対する回避(ブロック)効果UP

●集中 = スタミナとマナの自動回復効果UP。効果増加はスキル値10.0単位

●瞑想 = マナの自動回復効果UP。スキルを直接使う事も出来る。パラディンには向かない。(金属製の鎧を使用していると効果は発揮されません。)

●騎士道 = 敵に対する攻撃力増加の能力の数々を使える様になる。移動魔法もあり。別記事で書きます。

こんな所でしょうか?

スキルに関しては、上記に記載した簡易な説明以外に、色々な効果や、組み合わせによって大きく効果が変わるもの等あり説明し切れません。

あくまで初期の知識として認識して頂ければと思います。

K

K SAKURAシャードの一般市民

投稿者プロフィール

平和でマイペースな人
※当HPの右上『ブログ更新情報』は、個人で作成されているブログページに更新があると表示されますので、そちらもよろしければどうぞ。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

バナナ喫茶チャット

サーバダウン時や気分転換したい時などにご利用ください
入室する】 
ページ上部へ戻る